07
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回 LaQ芸術祭 2月分応募

また今回も閉め切りギリギリで応募しました。
作りはじめたのが今日の20時過ぎで23時に完成。
毎回のことながら突貫作業で作っています。

そんな状況の今回の作品ですが、
実はちょっとお気に入り。

そんな訳で、iPhoneの待ち受けにも設定しちゃいました。

さて、2月分の結果発表を楽しみにしよう。


1月分の参加賞の発送もそろそろなのかなぁ〜
抽選のクリアパーツが届くといいなぁ〜
スポンサーサイト

tag : LaQ 芸術祭

第13回LaQ芸術祭年間グランドチャンピオン発表!!

ついに発表されました第13回LaQ芸術祭
年間グランドチャンピオン
!!

今年の一般部門のグランドチャンピオンは
おりおりパパさんとごろジ~ジ~さんの
「連獅子」

これは、12月の入賞作品で、発表のページを見た瞬間に
こりゃすげ〜。。。と鳥肌がたったものです。

なので、グランドチャンピオンの結果発表を見ても、
「やっぱりな〜」と納得しちゃいました。

おりパパさんとごろジ~ジ~さん おめでとうございます。


おりパパさんとごろジ~ジ~さんの合作なのですが、
この場合、お二人とも「達人」として「LaQ殿堂」ステージ
移行されるんでしょうね。

殿堂での作品が楽しみです。


そして、チャンピオンは
たいがパパさんの「ミニカー」
ヒカイックさんの「自動販売機」
YASUさんの「日本の昆虫12面相」
しゅうくんとやっくんのおとうさんさんの「ヘッドバンドsoccer」
きりくさんの「Ole!Ole!Ole!」の5作品

たいがパパさんやYASUさんのように、小さいながらも
ツボを押さえてディテールにこだわる作品ってスゴいと思います。
作っていくとどうしても大型化してしまうところを
創意と工夫で小さくまとめることができるのは
すごい技術だとおもいます。

ヒカイックさんの「自動販売機」はLaQの可能性が無限であることを
証明してくれたように感じます。
どうやったら自動販売機の内部を作れるのか。。。
ハカセのコメントにもあるとおり、まったく想像ができません。

しゅうくんとやっくんのおとうさんさんの「ヘッドバンドsoccer」は
発想のすばらしさがピカイチですね。
私なんてには全く思いつかない柔軟な発想力と
それをゲームとして遊べるレベルにまで作り込む技術力。
しゅうくんとやっくんのおとうさんさんの作品を見るたびに
スゴすぎる。。。とため息が出てしまいます。

きりくさんの「Ole!Ole!Ole!」
個人的にはすごい勉強になりました。
ハマクロンパーツを使ったスカートといい、
色使いや大きさのバランスといい、
人を作るときのお手本のような作品でした。

受賞されたみなさん、本当におめでとうございます。



月間入賞作品のレベル自体が高いので、その中から選ばれた
年間グランドチャンピオンは、私にとっては夢のまた夢の世界。
でも、「夢は大きく」持つだけは持っていますよ。

いつか奈良の聖地に足を踏み入れることを夢見て。。。

tag : LaQ 芸術祭

幻の本 GET!

先日、Amazonにて発注した「恐竜骨格の本」が届きました。

緩衝材に包まれて出てきた本は、多少つぶれてはいたものの
予想以上にきれいなものでした。

201202_LaQ_Book1.jpg

サイト上では「未開封の中古品」という不思議な状態だったので、
若干の不安を感じていたのですが、全く問題なかったです。

別の角度からの写真。
つぶれた感じがわかるかな?
201202_LaQ_book5.jpg

裏を見るとなんと初版本の1刷!
201202_LaQ_book2.jpg
重版されていないかもしれませんが、
なんだか初版本ってだけでちょっと嬉しい。

平成13年12月だからちょうど10年前の本。
本当に幻の本ですねぇ~

まずは、外側をじっくりと観察。

裏面には、作れるモデル9種類が掲載されていました。
201202_LaQ_book4.jpg

よく見ると、カタカナ表記と英字(ラテン語かな?)があるけど
英字が逆さまに書いてありました。
どうも切り取って二つ折にすると、作品の立札になるように
作られているようです。

パーツ数は200個。当然「白」のみです。
201202_LaQ_book3.jpg

さて、いよいよ袋を開けていきます。
一番外側には古本屋にありがちな店独自のビニール袋によるカバーがあり、
その中にはセロファンに包まれた本当に未開封状態の本が入っていました。

すばらしぃ~!

セロファンをはがして箱を開けると、これだけのものが入っていました。
201202_LaQ_book6.jpg

・骨格標本の本
・LaQのパーツ (白200個)
・商品カタログ (2001年版)
・四つ折りのちらし

当時はまだ、パステルが販売されていなかったので、
カタログの中は白・黒・赤・青・緑・黄の6色で作られた作品が掲載されていました。

商品もカテゴリが少なく、この10年で色々な商品ができたんだなと再認識。

また、LaQモデラーの大先輩である達人「しんじ」さんから頂いたコメント
「物が古いので、劣化しているかもしれません。 」と教えていただきました。

10年前のパーツではありますが、見た目的には
そんなに劣化してしまっているようには感じませんでした。
でも、しばらくは様子を見るために、別に管理することにしました。

骨格標本の本を開けてみると、イラストがすごいきれいでした。
201202_LaQ_book7.jpg
9種類の作り方の一番最初のタイトル表示に、
このようなきれいなイラストが必ず入っていました。

しかも、白のパーツだけで作るので、パーツの見分けが難しいためか、
パーツの種類ごとに色分けした作り方が書いてあります。
201202_LaQ_book8.jpg

写真ではわかりにくいかもしれませんが、
私が見た感じでは、作り方の図はCGで
作られているように見えました。

うまく言えないのですが「のっぺりしている」って感じ?
まぁいいです。


LaQコレクターズアイテムをGETできたので、
これからも少しづつ増やしていけたらいいな。

非売品のプチコレクションは、何種類くらいあるのかな?
今我が家には、カメとカエルがいますが、
そのほかにもあるんだろうな~

あと、LaQNEWSも、どこかで一式そろえられないかな~

夢は膨らむばかりです。




LaQ 骨格標本の本

先日、LaQのネタを探しにネットしていたところ
ariana office info さんのブログでLaQの本
多数取り上げられていました。

LaQの本の企画等をされている方のブログで
試作品などの記事もあり、とても参考になりました。


その記事の中で一番気になったのが、「骨格標本の本」って奴。

絶版で多少中古が出回っているという話でしたが、
見たことも聞いたこともなかった。。。

で、ちょっと調べてみると、こんな本でした。
201202_LaQ_Book.jpg

定価2,100円だそうです。

でも、表紙に200ピース入りとなっているので、
今の200ピース「Free Style Mono」が1,575円なのを考えると
実質500円の本ってこと?

中は全く分かりませんが、
数年前の恐竜標本モデルの源流なのかなと思っています。
201202_LaQ_kokkaku1.jpg 201202_LaQ_kokkaku2.jpg

これらももう購入はできないんですね。


ついでなので、この本、ちょっと販売していないか調べたところ
Amazonで売っているのを発見!
しかも、定価よりも安く1,700円で!

送料・手数料を含めても定価よりも安い。

という訳でポチッと発注しちゃいました。

どんな本なのか楽しみだな〜

第14回LaQ芸術祭 1月分発表

本日、LaQ芸術祭1月分の結果発表がされていました。

今回は前回までのやっつけ作品ではなく、
ちょっと時間をかけて(といっても3時間×2日だけ)作ったので
結果が楽しみ〜

さてさて、スクロールさせていくと。。。

う〜ん 今回も残念でした〜



さて今月の入賞作品は、というと。。。

「しゅうくんとやっくんのお父さん」さんの「LaQパワーショベル』
もう完全に月間入賞の常連さんですね〜
達人のオファーも入っているんじゃないかな?
毎回、作品のギミックには驚かされます。

そして、これも月間入賞の常連さん。
「おりおりパパ」さんの「福さらえ(飾り熊手)」
先月に続き、2ヶ月連続の入賞。
にぎやかな熊手にはビックリしました。

クミリンさんの「門松」も、色使いがきれいで
表裏の使い分けにこだわりを感じる。

皆様、入賞おめでとうございます。
私もあやかりたいな〜



という訳で、私の今月の作品は「ポニーで流鏑馬」
201102_LaQ_yabu01  201102_LaQ_yabu02  201102_LaQ_yabu03

※クリックすると大きな画像が見られます。
   ↑
   最近このやり方を理解しました エヘ(∩。∩;)ゞ

馬から作っていったら、人を乗せた時に
「なんだこりゃ、馬小さすぎ。。。」
でも作り直す時間もなかったたため、このまま突き進むことに。。。

2日目に微修正をしながら眺めていると
まぁこれはこれで愛らしくて”アリ”だなと自己満足。
(馬ではなく、ポニーだけど。。。)

首は角度調整が難しかったので
固定せずに乗せているだけです。

そのため、烏帽子風の頭
唐笠風の頭の付け替えができるようになっています。

右手に次に使う矢を2本持たせたり、柵を作ったりして、
流鏑馬の雰囲気を醸し出すディテールにちょこっと
こだわってみたのですが、結果は伴わず。

でもこれで参加賞1つGET
あわよくば抽選のクリアパーツ50ピースも?

よく考えてみると、「抽選で10名」って
ジュニアと一般をまとめて抽選なのかな?
ジュニアと一般と分けて5名づつだったりするのかな?

今年は1回位入賞したいな〜。
そのためにも楽しみながらつくろっと!

こんなひとです。

ほんわかパパ

Author:ほんわかパパ
ちょこちょこやってます。
楽しんでいただけたら幸いです。

☆登場人物☆
奥様(3★歳♀)
柚(7歳♀)
恒(5歳♂)
帆(2歳♀)
??(0歳♂)
 &
ブラン(3歳♀のダックス)

こんなに来てくれました!

2011年6月から数えて

最近あったこと

こんなこと書いてます

みなさまからのおたより

みなさまからのご招待

こよみ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ふわふわ分類

なにかおさがしします?

おともだちを紹介します

LaQのおともだち

携帯からもどうぞ

QR

むかしのおはなし

追加注文はこちら

Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。